« ふしみももやまじょう:伏見桃山城 | トップページ | うじし・しょくぶつこうえん(下):宇治市植物公園(下) »

2004年6月16日 (水)

黄金の茶室:伏見桃山城内

黄金の茶室:伏見桃山城内

伏見桃山城内黄金の茶室
 伏見桃山城は気晴らしに何度も行っていたのですが、ある年から、黄金の茶室がありました。いつから茶室があったのか、全く覚えていません。
 インターネットや百科事典で見てみると、三畳敷のようです。秀吉のことを本格的に調べたことがないので、この「黄金の茶室」については、正確なことがわからず、写真掲載を随分迷いました。
 組み立て式で、千利休は、わび茶の精神に基づいて二畳敷の茶室を造ったが、秀吉は豪華な黄金の茶室を三畳で造った。その対比が、興味をそそりました。
 この写真は、何度か行った伏見桃山城の観光みやげとして、御覧下さい。

参考サイト
   京都伏見桃山城:甦った幻の空間・黄金の茶室
   MOA美術館が再現したもの
   QuickTimeVRによる黄金の茶室[現代の金沢箔による再現です]
  

|

« ふしみももやまじょう:伏見桃山城 | トップページ | うじし・しょくぶつこうえん(下):宇治市植物公園(下) »

イメージの素」カテゴリの記事

コメント

30年前は無かったです。秀吉の黄金好きは中東のイラン・イラクの人々と趣味が似てますね。秀吉は金の指輪、金の腕時計、金歯をしてたでせうか?
しかし、金箔の技術は凄いですね、あんな薄い金を叩いて作るんですからね。

投稿: jo | 2004年6月16日 (水) 07時33分

JOさん、おはよう
 金沢の金箔は凄いですね。
 昨日は、昼間は仕事でへろへろ、そして夜はココログ・メンテナンス、結局9時過ぎには眠りました。
 ご無沙汰でした。

投稿: Mu | 2004年6月17日 (木) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/777692

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の茶室:伏見桃山城内:

» ふしみももやまじょう:伏見桃山城 [MuBlog]
伏見桃山城(京都市伏見区桃山町大蔵)MSN地図[詳細]、マピオンBB地図[周辺全体]  現在(2004年6月)伏見桃山城は閉鎖されている。昨年末から入れない。昨 [続きを読む]

受信: 2004年6月17日 (木) 07時06分

» NHK天地人(26)景勝の遺言 [MuBlog]
承前:NHK天地人(25)本日休講  先週休んだせいか、また新しい気持で楽しめました。 1.景勝の遺言  太閤秀吉の危ない誘いをようやく切り抜けて景勝、兼続は宿舎に戻ります。  利休の娘お涼と兼続が庭先を通りかかると、部下達が焚き火をしています。なにかと問えば、殿(景勝)が不要になったから火にくべろと命じたとのこと。上等な文箱でした。  兼続は察するところあって中を確認します。すると、景勝の遺書で... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 05時09分

« ふしみももやまじょう:伏見桃山城 | トップページ | うじし・しょくぶつこうえん(下):宇治市植物公園(下) »