« 月曜休筆 | トップページ | 黄金の茶室:伏見桃山城内 »

2004年6月15日 (火)

ふしみももやまじょう:伏見桃山城

伏見桃山城(京都市伏見区桃山町大蔵)MSN地図[詳細]、マピオンBB地図[周辺全体]

伏見桃山城高札
 現在(2004年6月)伏見桃山城は閉鎖されている。昨年末から入れない。昨年は、すぐに壊すという噂もあって胸がいたんだ。
 これは言葉のあやではなくて、このお城は奈良・三輪・明日香へ行き来する折、疲れ切って帰ってきたときに遠望できる城だからだ。お城が遙かに見えるというのは、心理的な効果が計り知れない。陸の燈台というおもむきがある。
 会津白虎隊が城の落ちたと誤認して、自刃していった気持が分かる。伏見桃山城に炎が見えたなら、張りつめた気持がぽきりと折れてもおかしくない。
 
 高札内容は写真の説明に録しておいた。
 それによると、この別名「伏見山城」は秀吉が築城し、関ヶ原の合戦で火災に遭い(家康麾下鳥居元忠自刃)、徳川によって一旦修復されたが、家光時代に破壊されたようだ。現在の城は昭和39年のものである。ただし、本来の天守の位置は明治天皇陵のあるところで、現代城は西北にシフトしている。


伏見桃山城連結式城郭
伏見桃山城小天守閣
  連結式城郭  /  小天守閣


参考サイト
 伏見城[歴史と現況が簡潔にまとめられています]
 伏見城の戦い~鳥居元忠の関ヶ原[鳥居元忠と家康の間柄が分かります]

|

« 月曜休筆 | トップページ | 黄金の茶室:伏見桃山城内 »

地図の風景」カテゴリの記事

コメント

武田の重臣の娘の件は、家康は丁重に扱う積りでしたね?しかし
信長、秀吉の手前密かに事を運ぶ必要があった。その事を見抜いて元忠は行動した。家康の真意を知り尽くしていたんでしょうね。家康は武田の武者を大勢引き取りましたかね。例の赤い甲冑装束。
伏見桃山城は思い出の場所です。

投稿: jo | 2004年6月15日 (火) 08時16分

 JO爺さんに、一本気に「伏見桃山城は思い出の場所です。」なんていわれると、対応に苦慮するぜ(笑)。
 お見舞いじゃなくて、お見合いでしたかね。
 まあ、よろし。

投稿: Mu | 2004年6月15日 (火) 09時06分

 桃山御陵までは行ってたのですが、「伏見桃山城」は、一度も行ったことがないんです。この近くにある遊園地の招待券を年に2回もらっていたので、行こう行こうと思っているうちに、遊園地も閉鎖されてしまいました。
 こんなにりっばなお城がまだ残っているのなら、ぜひ訪れてみたかったです。

投稿: wd | 2004年6月15日 (火) 10時19分

WDさん
 噂では博物館とか美術館とか。
 歴史図書館博物館ならよいのにと思います。
 近鉄にでも乗られたとき遠望してください。

 破城にも一億円くらいはかかるでしょう。
 残してほしい城です。

投稿: Mu | 2004年6月15日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/770956

この記事へのトラックバック一覧です: ふしみももやまじょう:伏見桃山城:

» 黄金の茶室:伏見桃山城内 [MuBlog]
黄金の茶室:伏見桃山城内  伏見桃山城は気晴らしに何度も行っていたのですが、ある年から、黄金の茶室がありました。いつから茶室があったのか、全く覚えていません。 [続きを読む]

受信: 2004年6月16日 (水) 05時01分

» 日本の絵になる風景図鑑/京都府/伏見桃山城/伏見桃山城 [日本の絵になる風景図鑑]
関連地図 / 楽天トラベル 画像/動画/ニュース/Web/ブログ検索結果 ※以下の「ニュース、WWW、ブログ検索結果」で表示されているコンテンツは、各検索エンジンが取得した説明文、およびRSSフィードに含まれる要約ですので、著作権は各リンク先ウェブサイトに帰属します...... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 16時51分

» NHK功名が辻(37)伏見桃山城の秀吉 [MuBlog]
承前:(36)名護屋城何処 参考MuBlog:伏見桃山城  今夜のドラマは暗かった。しかたない。跡目相続問題は、死に行く者の焦燥と、残る者達の未熟と血気、欲望が折り重なって、気持ちの良いものではない。  徳川三代将軍家光は、もともと弟の方が母親や回りから嘱望され、兄の家光は取り残されかけたが、春日局と家康の考えで、無事... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 21時12分

« 月曜休筆 | トップページ | 黄金の茶室:伏見桃山城内 »