« 日本・歴史・随筆:生きている出雲王朝/司馬遼太郎 | トップページ | みたかのもりじぶり:三鷹の森ジブリ美術館 »

2004年5月 5日 (水)

2004年5月5(水):マザーボード考

 GWに一度パソコンパーツ屋(ドスパラ京都)を覗いてみた。
 結局、いろいろ事情がかさなり、購入したのは4千円のケイス(鉄板)だけだった。
 所持金がなかったこともあったが、それよりもこの世界の動きが激しくて、年一・自作マニア(年に一度程度しか自作しない)の私は、いつも使う手法(販売自作キットの構成をしらべて、各パーツの売れ筋、規格、動向を知る)が通用しなかったことも、購入を躊躇させたことの一因である。
 一々は、基本図書や雑誌、ネット情報で綿密に調べればわかることだが、パソコン自作は私の授業にないし、パソコン自作顛末を原稿にする予定もない。限定された時間内で、カンをはたらかせ、曖昧模糊とした知識で、どこまで最適解がえられるか、それがここ数年の自作マシンに対する思いである。
 要はいま、マザーボードを選ぶ選択子が複雑である。それにつきる。

 以前は、ケイスに入るかとか、CPUが乗るかどうかとか、見た目の分かりやすい違いがあった。これは慣れればなんとかなる。ちなみに、私の葛野記でひっきりなしにアクセスされる部分は、大昔のマザーボードとCPUとの物理的搭載可能不可能問題をあつかったところである。写真を御覧あれ。
 こうした見た目の違いは楽である。早い話が、メモリーなんかは、細かな規格はあるがソケットのピン数が異なれば差し込めない。当然、CPUも今は478本だが、以前は370本。もっと以前は、縦に差し込むタイプ。これらは店頭のマザーボードを見つめるだけで判別できる(まあ、これは年季もあるね)
 しかし今回の困った点は、同じペンティアム4、同じ2.8Ghzスピードでも、コア(核となる部分)の設計が異なる、Northwood→Prescottという変化の真っ最中に出くわしたので、戸惑いがある。これが違うとどうなるかは、知らない(調べる気力がない)が、一般に設計改良は上等になる(ことが多い)、今後新しいタイプに移ってしまう(ことが多い)ので、今後はプレスコット対応マザーボードの方がよかろう、となる。
 ところが、どうもここ数週間は、プレスコットコアタイプCPUは店頭に一杯あるのに、マザーボードはNorthwood対応のままが多い(とくに、小さめの基板、マイクロATXタイプには)。
 さて、困った。
 それで、以下にマザーボードについてのメモを残しておく。現状把握のためである。

条件
 Micro-ATX
 (基板全体の大きさ。ほとんどはATXタイプだが、部屋が狭いので小振りをもとめる)
 Socket478
 (ペンティアム4のピン数。これを受け付けるソケット)
 (これは、インテル社CPUの現行をもとめるなら、決まり)
 Serial-ATA
 (ハードディスク、これは大勢のようだ)
 (それでもハードディスクを選んだあとで、SATA非対応マザーボードだと、悔しい)
 Prescottコア対応
 (新しいインテルペンティアム4 CPU:悩みの種。M-ATXボードではまだ少ない)

 以下は付帯機能。昔は、これらを総て別売で購入し、PCIスロットという所に差し込んでいたが、最近はチップセット(今回ならインテルの865G)が基板に組み込みの各機能をコントロールするようだ。

 LAN
 (ネットワーク対応スピード。ギガビットがなお良い:1000Mbpsの速度だと動画転送が楽。現行の多くは100Mbps)
 VGA
 (画面表示機能。適当に、表示されれば良かろう。ゲームだと別途数万円プラス)
 Sound
 (音が出ればよかろう)
 IEEE1394
 (ある方が良いが、M-ATXタイプ基板だと少ない。ディジタルビデオに必須)
 (拡張ボードを入れるPCIスロットの数の問題)

それで事例として、ちょっと高めのマザーボードをメモしておく。
インテル社

BOXD865GLCLK (BOXD865GLCLK)
Pentium4 FSB800対応M/B microATX / i865G / DDR SDRAM x4 / ATA 100 / SerialATA / AGP 8X / PCI x3 / Intel Extreme Graphics 2 / Audio / Gigabit LAN :14,490円
http://online.plathome.co.jp/list.html?category=1001

(よく観たら、肝心のプレスコット対応非対応は、これではわからない。もしかしたら、biosをアップデートするだけで、対応するなら、なんか悩んだ甲斐もなくなるが、微妙繊細なことは失敗する)

|

« 日本・歴史・随筆:生きている出雲王朝/司馬遼太郎 | トップページ | みたかのもりじぶり:三鷹の森ジブリ美術館 »

Blogメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/536226

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年5月5(水):マザーボード考:

» 葛野2004P黒の製作(1)ケース [MuBlog]
ケースは黒の鉄板製(マイクロATX規格)  今年の年一自作マシン(年に一度しか造らないの意味)は黒の鉄板でかためた。一昨年2002は、別途予算がでたのでmATX [続きを読む]

受信: 2004年6月23日 (水) 04時14分

« 日本・歴史・随筆:生きている出雲王朝/司馬遼太郎 | トップページ | みたかのもりじぶり:三鷹の森ジブリ美術館 »