« The Da Vinci Code:ダヴィンチコード | トップページ | Alcatzar・San Francisco:アルカトラズ・サンフランシスコ »

2004年5月11日 (火)

こうざんじ:高山寺

栂尾(とがのお)高山寺(京都市右京区梅ケ畑栂尾町)マピオンBB地図

金堂

高山寺金堂
 金堂というのは仏教寺院では本堂とか仏殿の意味で、本尊仏が納められている建物である。金堂という言葉からは、すぐに奥州藤原の中尊寺を思い出してしまうので、建物が黄金造りのように思ってしまうが、仏様が金色なので金堂という呼称が生まれたのだろう。で、高山寺の金堂はぽつんと建っている。木立に囲まれて人の気配もない(写真には掃除をしている方が写っていた)。これは、法隆寺や東大寺の豪壮な伽藍配置からみると、日本そのものという不思議な静かさを味わう。
 奈良の古典寺院は、京都の寺院に佇み思い出すと、異国風と感じてしまう。高山寺は深山幽谷にある、京都らしい小振りの和風建築と思っている。平成六年(1994)に世界文化遺産登録がされた。

 真言宗派となっているが、宗派というよりも国宝、美術品、景観の宝庫、つまり小さな博物館のように思える。創建は八世紀と古いが、中興の祖が明恵(みょうえ)上人。鎌倉初期の建永元年(1206)に後鳥羽院が明恵さんに華厳道場(勉強場所、書斎)として譲られた。
 私は学生時代までは嵯峨車折(くるまざき)に住んでいたし、現在も右京区で仕事をしているので、この地は「庭」だった。ドライブウェー(嵐山高雄パークウェイ)があって清滝へ向かう途中でその道をとると簡単に行ける。
 以前畏友の梅翁師がPML(パーソナル・メディア・ラボラトリ)というシステムの原型を造っていた頃、そのコンテンツ作成を実験した。そこに、高山寺の石水院や金堂のメモが残っていた。金堂写真は、だから再掲となる。
 石水院には、鳥獣人物戯画のレプリカがあり、景観がよい。

参考サイトをいくつかあげておく。
  PML初期版:高山寺石水院
  PML初期版:高山寺金堂
  時代劇の風景・ロケ地探訪/高山寺

|

« The Da Vinci Code:ダヴィンチコード | トップページ | Alcatzar・San Francisco:アルカトラズ・サンフランシスコ »

地図の風景」カテゴリの記事

コメント

梅翁がお唄いになられる数少ない(2~3曲しか聴いた事ない)カラオケのお唄を想いだします。~京都~大原三千院恋に疲れた~女が~ひと~り・・。何番かに~京都~栂尾高山寺~・・・
でしたね。何故、梅翁がこのお唄をお好きなのか不明である。私は未踏である。今度機会があれば連れてってたもれ。写真をみてると風情があり宜しい案配です。深山、鳥獣戯画がお似合いの環境ですね。

投稿: jo | 2004年5月11日 (火) 09時44分

JOさん
 意外ですな。高雄近辺、神護寺とか高山寺が未踏ですか。
 嵐山からすぐです。

 ところで現在、木幡研でシステム開発中。
 おもろく、なけるほど、例外データが多い。
 ココログは、ダウンロードデータをタグ付きでだしよる。
 これが曲者。
 1記録の終了条件があいまいでね。
 たとえば、コメントのあるのとないのと、・・・トラックバックがあるのとないのと、けけけけ、と汗がでるくらい多様ですなぁ。

 XML形式を上手に使うともう少し楽なんですがね。
 まとめて、ダウロードするときは、ともかくタグ付き。

 基本はパスしたけど、一件づつ確認!!!
 でるでる、異常データが。

 なあ、JOさん、ひがなこんなことしてたら、昼の仕事は停滞するし、マシンから離れられなくなるし、病気といっしょやね。

 まあ、どっかでケリつけて、素人さんには分からん程度のバグのこしたまま、goするよ(業界の通弊やねぇ、大笑)。

 今月末には、JOさんを騙せるよ!!

 ああ、昼前には、細川ラーメン入らないと駐車場が満杯になるから、あと10分で今日のシステムエンジニアは終了。葛野で常勤。

さいなら

投稿: Mu | 2004年5月11日 (火) 10時09分

先輩、悪戦苦闘が伝わります。今週末の金曜日夜niftyの加藤常務とお会いするので、聴いてみます。とにかく、早く、ラーメン食いに行きなはれ。今月末が楽しみやな~~、バグだらけでもえ~~よ!

投稿: jo | 2004年5月11日 (火) 10時45分

JOさん
 今コーヒーのんだとこ。さっき葛野に入りました。
チャーシュー麺、800円ですけどね、おいしいのや。これに匹敵するのは、まあ、南座前とんとん来くらいかね。
(ここ40年近く都でいろいろ食べた上での評価ですよ)

 ニフティーさんね。なんもいわんでよろし。私の誇りは、開発者から一切の情報ぬきで、解読し、自らルールをうちたて、開発者以上の定義をなし、・・・そういうところにあるんですよ。
 自然言語処理は、そういうもんです。だれも言語を定義しつくせない。どんな定義しても、文章書く者は非文、詩、方言文、なにかきよるかわからん。それを泥沼につかりながら「えーえ、湯加減やわー」といいながら、ルールを見つけだすところに醍醐味があるんどす。
 だから、もう今では体力知力だめやけど、CDのではじめのころは、あははは、どんなCDでもちゃんとRDBに格納できましたでぇ。(ほんま)
 今回のTypePadダウンロードくらい、もう、けけけ。つまり、そこのところ、わけのわからん、ドキュメントなしのところを、フォーマライズするところが、味噌でんがな。

 さあ、しかし、午後は査読論文に専念するから。ちょっと、マシンやソフトは忘れます。仕事せな、あかんで、JOさんも。梅翁師みたいに数年に一回しか仕事しないのは、極めて限定された、選民だけにゆるされること。
じゃね

投稿: Mu | 2004年5月11日 (火) 12時20分

あい、わかりもうした。はよ仕事しなはれ! わちきも忙しい!

投稿: jo | 2004年5月11日 (火) 12時36分

JOさん
 もう、仕事はじめています。

投稿: Mu | 2004年5月11日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/573284

この記事へのトラックバック一覧です: こうざんじ:高山寺:

« The Da Vinci Code:ダヴィンチコード | トップページ | Alcatzar・San Francisco:アルカトラズ・サンフランシスコ »