« 2004年4月11(日)晴:記憶の嘘と地図の風景 | トップページ | きなさむら:鬼無里は昔、海だった »

2004年4月12日 (月)

ある日の葛野研机上

 今日は終日授業でした。
 そのあとも、やっかいな校務をしておりました。
 ふと見ると、お宝が一杯ならんでいました。
 こういう世界にいま、漂っています。


机上の風景
カレンダー:2004年4月12日(月)晴れ

|

« 2004年4月11(日)晴:記憶の嘘と地図の風景 | トップページ | きなさむら:鬼無里は昔、海だった »

落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

なるほど、面白いですね? 正露丸と長尾総長さんの退官記念品ですかね? パソコン画面の右上の巾着はなんですか?
ここで、仕事されているんですね? 4月の大型カレンダーがありますね。

投稿: jo | 2004年4月13日 (火) 13時56分

JOさん、
 巾着は、風雅の卒業生からの贈り物で、「香袋」です。
 よいでしょう。
 と・こ・ろ・が、このプレゼントの意図は、後日さとったのだが、「この犬小屋みたいな研究室、なんとか掃除しないと。それが無理なら、せめて香でも」のようだ。
 別情報では、若い人たちに、香がはやっているとも聞く。真偽のほどは、不明。

投稿: Mu | 2004年4月13日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/430024

この記事へのトラックバック一覧です: ある日の葛野研机上:

» 四月のある晴れた日でした [MuBlog]
 四月のある晴れた日、授業がなくて、来客の合間をぬって準備や片付けをしていました。夕方も、久方ぶりに旧友に会いに京都駅へ出向きました。それぞれ、エアポケットのよ [続きを読む]

受信: 2005年4月19日 (火) 22時07分

« 2004年4月11(日)晴:記憶の嘘と地図の風景 | トップページ | きなさむら:鬼無里は昔、海だった »