« 光瀬龍の訃報(1999/7/7) | トップページ | 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) »

2004年4月25日 (日)

2004年4月25(日)晴:パソコン自作の準備

 そろそろ木幡研のSONYノートパソコンVaioがくたびれてきた。2000年頃の製品だから、新たにセットしないとハードディスクや、もろもろが危ない。すでにキーボードは1500円の外付けだし(つまり、元々のノートマシン特有のキーボードは8割しか使えない(文字によって出てこない!))、USBは初期仕様なので遅い。なによりもCPUが700Mhzという古典的なものなので、マックよりもまだ遅い。
 十分役立ってくれている。これでしかうまくいかないこともある。たとえば古い古いSCSIタイプの4GBハードディスクを2台も外付けしたり(これは葛野の新マシンでは不都合だった)、そうそう、SONY独自のソフトウェアの使い勝手や便利さは他に代えがたい(よそのマシンになんとかかんとか移植しようとすると、あはは、駄目と画面に出る。例によってケチくさいSONYであるなぁ)。
 また、Vaioにしようかと思ったが、高い。それにこれだけあれこれ外部接続すると移動なんて出来ないから、デスクトップの方が安定し、安価になる。それで、……

 久しぶりにコンピュータを造ろうと今朝、おもいたった。しかし研究者であってアーティストじゃないのだから、まず現状を把握し、記録しておかねばならない。

1.現状把握

システム情報レポートの出力先: 2004/04/25 06:43:37

[システムの概要]

OS 名 Microsoft Windows 2000 Professional
バージョン  Service Pack 4
システム製造元 Sony Corporation
システム モデル PCG-XR7F_K(J)
システムの種類 X86-ベース PC
プロセッサ x86 Family 6 Model 8 Stepping 3 GenuineIntel ~694 Mhz
BIOS バージョン PhoenixBIOS 4.0 Release 6.0
物理メモリの全容量 196,080 KB
物理メモリの空き容量 38,996 KB

 さらにマニュアルによれば、2000年のノートパソコンとして、表示関係は優れている(ほれぼれする)
グラフィックアクセラレータ
  128 ビット高速グラフィックアクセラレータ
  S3 Graphics社 Savage/IX8 AGP接続(すでにAGPなんだなぁ
ビデオメモリ
  8 Mバイト(ビデオチップ内蔵)
液晶ディスプレイ
  14.1 型、XGA対応、TFTカラー液晶
液晶ディスプレイ表示モード 2)
  1,024×768 ドット(約1,677万色)
  800×600 ドット(約1,677万色)
  640×480 ドット(約1,677万色)

グラフィックアクセラレータのディザリングにより実現
外部ディスプレイ表示モード 3)
  1,600×1,200 ドット(65,536色)
  1,280×1,024 ドット(約1,677万色)←当時としては凄すぎます。
  1,024×768 ドット(約1,677万色)
  800×600 ドット(約1,677万色)
  640×480 ドット(約1,677万色)

2.現状の要約


 2000年のSONY-Vaioで、現代からみると、弱点はハードディスクが20GB、CPUがペンティアム3の700Mhzと遅い。メモリーは196MBしか搭載していない(最大256MBだが、当時は高価すぎた。64MB搭載に128MB追加するだけで4万円程度かかったのじゃなかろうか?)。
 これで数々の開発、実験(KT2および古典語の自動品詞分析など、そのた一杯)をこなしてきたのだから、われながら、わが器用貧乏にいまさらながら、うっとり。
 ああ、この記事は自画自賛のためではない。
 次の飛躍への現状認識であった。
 しかし、貧しい家に孝子が育ち、よいものが出来る(笑)。

 顧みてよかったことは、IEEE1394がiLinkとして当時も今も便利。ディスプレイが、ノートとしては満足。ソフトが、PictureGEAR(当時も今も最高)とか、ナビン(地図)、それからディジタルビデオ関係としてDVgateシリーズが出色だったこと。
 トータルすれば、私はマシン運がよかった。実によかった。
 ああ、ディスプレイを立てると、後ろがやや立ち上がり、空冷のラジエターというか、温度調節もしっかりしていた。

 しかし、いつ壊れるか分からない。ディスク残量は400MB程度しかない。
 USBがトロイので、IEEE1394で外付けHDにしようと思ったが、マニュアルでは、ディジタルビデオと他とをiLinkで同時接続しても、多分駄目と書いてあったような。駄目だと思う。このCPUもメモリーも、動画とHDとを同時には扱えないだろう。
 やはり、決心しよう。
 このマシンは常時ネット上で過去資産サーバーとして、長生きしていただこう。

3.サーベイ、まず調査

  2004年4月25日(本日早朝)に、愛用のドスパラでみてみた。これまで京都店に足繁くかよった。今朝ネットでしらべると、以下の結果が出た。

基本スペック : Pentium4 2.8 GHz / DDR SDRAM 256MB /
          HDD 120GB / i865G / DVD±R
▲スペック変更
● メモリ:DDR SDRAM 1GB (PC3200/512MBx2) ×1
● ハードディスク:160GB Serial ATA HDD (7200rpm) ×1
● CD-ROM/RW/DVD:8倍DVD±R/RWDrive Soft付(NEC ND-2500A DVD±Rx8 CDRx32) ×1
● ケイス:URBAN Micro Ivory(300W) ×1
● 電源:NEXTWAVE SILENT KING2 400W (静音400W電源) ×1
● IEEE1394:PCI IEEE1394 Card (LowProfile対応) ×1
● キャプチャーカード:I/O DATA GV-BCTV7(LowProfile対応) ×1

本体単価:¥109,480 :¥109,480

■液晶ディスプレイ
Acer AL1721h ※17インチTFT液晶モニタ:
応答速度16ms、DVI ・D-SUB両対応、スピーカー搭載:

液晶単価/差額:¥48,800

小計158,280:
梱包送料 3,000:
消費税(5%) 8,064:

DOSパラ合計169,344円

 液晶17インチ付きでこの価格が安いのか高いのか、私には分からない。しかし、ここ数年、iMac以外はいわゆるメーカー品を買っていない。理由は単純で、あれこれ好きな構成にでき、こわれても、部品単位で交換する術をいつのまにか取得したからである。ああ、マックですら、ハードディスク増設とか、メモリー増設はATマシン用のを楽々使ってきた。
 ドスパラ京都店で印象に残っているのは、安定した売れ筋の部品を全国大量にまとめ買いするせいか、安心である。それは、価格よりも、安定である。いろいろあっても、ちょっとひとこと聞くと、うんうんとか、いやぁ、これはーとか、反応がよい。店員さんは好き者、マニアが多いのだろう。正直だ。
 いつぞや、バルクもののCPUアクセラレータがあったので購入するとき「エプソンマシンのセレロン300Aが乗ってるんやけど、動くかな?」「はい。わかりません。うちはパーツ屋ですので」とにっこり。これ、驚いたが、かえって安心した。また、マザーボード選ぶとき、ケイスの形状を答えたら「このMB、それだとクーラーがつかえて、駄目です」とか言ってくれた。この、独特の、無口同士のひとことふたことが、実によい。まず、安心。博打うつとき(つまり、極端な廉価品とか、極端にかわりもののパーツを使う)、店員が、首を振る。こんな店、まあ、少ないだろうな。

 さて、しかしこのパーツセットをそのまま購入するわけではない。いや、そうなるときもある。じっくり、店頭にこのリストを持っていって、旬のパーツがあるかどうか、目玉があるかどうか、可愛らしいケイスがあるかどうか、あれこれ悩むのである。

 ちょっと気になるのは、いま、どうもCPUのピンが479本になりかけのようだ。上記では、478本である。だが、今期は従来のままにするつもり。479本にすると、あたりまえだが、マザーボードも変更することになる。

4.各パーツの蘊蓄

 また、こんど、続きます。

  

|

« 光瀬龍の訃報(1999/7/7) | トップページ | 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) »

Blogメモ」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

先輩楽しそうですね?私が飛行機を選んだり、製作する時の楽しさと同じでんな?しかし、先輩は詳しいな~~!あんさん、パソコンの会社のおっさんですか?この執念には脱帽します。実は自宅で今使用してるのは、馬鹿息子が購入して放置していったSONY(御免梅安さん)のVAIOのデスクトップ機なんです。Trinitoronの画面が綺麗やわ。

投稿: jo | 2004年4月25日 (日) 14時46分

JOさん
 午後一杯午睡してしまった。5時間だから午睡とはいえないね。
「詳しい」と書かれたが、詳しくないから、流通パソコンの諸元データを使って、組合せの定番を知り、そこにプラスマイナスしているだけですよ。
 自作するのはせいぜい年間一台ですね。
 それにしてもトリニトロンですかぁ? 梅安さん本気で怒るよな。あの、バイオの精神はね、明確にTOWNS遺伝子を引き継いでいるね。そっくりさんや。
 ああ、そうか。私もバイオノート使ってるんだから、な。

 ここは、名機展示会をいずれせななるまいて。
 FM8、初期・ハル型TOWNS数台、SONY-SMC70二台。歴史に残るマシンだね。これらは何とかカンとか、動きそうや。
 そういえば、PC8001も残っているな。

投稿: Mu | 2004年4月25日 (日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/489963

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年4月25(日)晴:パソコン自作の準備:

» 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) [MuBlog]
4.部品の蘊蓄  ここでリストにした各部品について、考察してみる。なぜならば、基本にしたものがドスパラさんが一式まとめてセット売りしているものだから、このまま購 [続きを読む]

受信: 2004年6月23日 (水) 04時10分

» 葛野2004P黒の製作(0)ケース [MuBlog]
ケースは黒の鉄板製(マイクロATX規格)  今年の年一自作マシン(年に一度しか造らないの意味)は黒の鉄板でかためた。一昨年2002は、別途予算がでたのでmATX [続きを読む]

受信: 2004年7月19日 (月) 07時10分

» VAIO PCG-XR9G [Rational Decision]
 最近,バイオに関して検索をかけてくださる方がかなり多い。XR9Gなんて1999 [続きを読む]

受信: 2005年3月16日 (水) 17時51分

» 目的にあったノートパソコン購入を支援します! [後悔しないノートパソコン購入講座]
目的に合ったノートパソコンを手に入れるための情報満載です。ノートパソコンの購入を考えている方は是非一度ご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2005年7月 2日 (土) 00時43分

« 光瀬龍の訃報(1999/7/7) | トップページ | 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) »