« 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) | トップページ | だいもんじ:昼の大文字 »

2004年4月25日 (日)

2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(HD&Memory)

4.3 ハードディスク:HD

 ハードディスクが部品として好きだ。とても廉価でそのうえずっしりと手応えがある。7200回転のだと、熱でアイロンみたいになるが、始動するときのギューン↑と尻上がりの金属音がたまらぬ。この世界もなれてくると感応というか官能世界である。ほら、車のドアの閉まる音で高級車が選ばれるのと大差なくなる。

 ふむ。あのギャーンよりも、ギューン↑がこたえられない。

 大昔、30代末期の頃、わずかに5MBのHDが40数万円もした。今なら、フロッピー4枚程度の容量である。

 現在だと、120GBで一万円程度である。遙かな道のりであった。ここで涙ぐむぞ、私は。

 120GBというと、120000/5MB=>24000倍の容量が、0.025の価格で買えることになる。気が遠くなる。
 さて、規格が少し変わってきた。セリアルATAである。別途流体軸受という回転部分の様式も変化している。

 まずSerialATAだが。早い話、転送速度が速くなった。ウルトラATA100規格に比べると、2倍近くになり、今後どんどん早くなるようだ。セリアルとはシーリアルと世人は発音するらしいが、私は頑固にセリアルと言う。後者だと、朝食にミルクかけてバリバリたべるのと間違うからな。

 早い話がセリアルとは線一本で相互を接続すること。対置してパラレルとは、一挙に8とか、16とか、64本線とか、ビットをまとめて転送する。普通なら後者が早くなるが、そこがそれ、一本気な男と、複雑怪奇パラレルな男とでは、長い目でみると一本気な男の方が、人生しっかり生き抜くのと同じ。後者は複雑で、対応に手間取り、伸び悩み、頭打ちになる。

 で、現代のHDは一本気になって、がむしゃらに走り飛ばす道を選び出した。だから、余も一本気な男や女が好きじゃから(なんか、すぐに葛野記風になってしまうなぁ)、今期はHDを一本気HDに決定した。恐らく、200GBか、160GBを2台同時に購入するだろう。当然、MBもそれに対応していないと、泣きを見るな(恐らくアダプターもあるようなきがするが)。

 規格や様子は、もう2年前から話題騒然(私だけがしらんかった)だったようだ。

 参考サイトを挙げておく。
   元麻布春男の週刊PCホットライン:いよいよ見えてきた「Serial ATA」
   IT用語辞典

 で、ドスパラさんのカタログを見てみた。一応120GB以上から考慮対象にする。

MAXTOR
商品# 12147 MAXTOR 6Y080M0 (DiamondMaxPlus9)
   \8,350-[80GB/7200rpm/9.3ms/2MB Cache/SerialATA150]
商品# 12024 MAXTOR 6Y120M0 (DiamondMaxPlus9)
  \10,380-[120GB/7200rpm/9.3ms/8MB Cache/SerialATA150]
商品# 12166 MAXTOR 6Y160M0 (DiamondMaxPlus9)
   \12,480-[160GB/7200rpm/9.3ms/8MB Cache/SerialATA150]
商品# 12175MAXTOR 6Y200M0 (DiamondMaxPlus9)
   \16,980-[200GB/7200rpm/9.3ms/8MB Cache/SerialATA150]
商品# 12180 MAXTOR 7Y250M0 (DiamondMaxPlus9)
  \22,480-[250GB/7200rpm/9.3ms/2MB Cache/SerialATA150]
SEAGATE
商品# 12128 SEAGATE ST3120026AS (Barracuda7200.7)
   \10,450-[120GB/7200rpm/8.5ms/2MB Cache/SerialATA150/2disk,3head]

 メーカーとしては、MAXTORの方がSerialATAは圧倒的に多い。だから、MAXTORにする。つまりこういう世界では任侠道もすたれ、大樹によりそうのが良いと、経験則を見つけた。実人生もそうすればどれほど、あははは。しかし、大樹はおもろない。人生はマイナーなほうがおもろい。HDは壊れると困るのでメジャーがよろし、単純や。

決定
商品# 12166 MAXTOR 6Y160M0 (DiamondMaxPlus9)
   \12,480-[160GB/7200rpm/9.3ms/8MB Cache/SerialATA150]

 これ2台で、2万5千円。もう決めた。理由は、ようわからん。ともかく、そうした。
注意
  マザーボードは必ずSerialATA対応を選ぶこと。

4.4 メモリー

 メモリーは「DDR SDRAM 1GB (PC3200/512MBx2)」無印良品にしておく。調べればすむことだが、ここ数年のMBというかチップセットでは、まったく同一規格、できればロットまで同じDDR-SDRAMを2枚差しするらしい。まあ、理屈はあるのだろうが、そうしないと動かぬ、となるとしんどいので世間という長い物に巻かれる。

 2枚差しの根拠は、もう、調べる元気もなくなった。

 ここで、ドスパラ京都店のメモリーリストだけが見えなくなった。最近メモリーが毎日高騰しているから、価格変動が激しくて、載せにくいのかも知れない。わからぬ。そこで、プラッツというところのを見た。

  CD512M-DDU400 (CD512M-DDU400(Samsun)) [商品番号:11551371]
  512MB 184pins DDR SDRAM PC3200 CL=3 在庫:5 販売価格:15,120円

 2枚だから約3万円。しかし、これは現地に行かないと価格が分からぬ。連休中ならこの価格が保っているだろうか。まあ、その日暮らしの感覚でないと、この世界では遊べない。えーい、もってけ泥棒と言って万札出さざるを得ぬ。といいながらも、ケチじゃから、おそらく2枚でやっと512MBにしてしまう、悪い予感がする。一時期は、メモリーは棄ててあったような風情だったが、すぐに変動してしまう。

 さてここまでで、MB(13000)+CPU(20000)+HD(25000)+MEMORY(30000)→
合計で、88000円だ、おお、高くなってきた。

では、またこんど。(多分、今度は買ってから記す)

|

« 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) | トップページ | だいもんじ:昼の大文字 »

Blogメモ」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/492700

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(HD&Memory):

» 葛野2004P黒の製作(1)ケース [MuBlog]
ケースは黒の鉄板製(マイクロATX規格)  今年の年一自作マシン(年に一度しか造らないの意味)は黒の鉄板でかためた。一昨年2002は、別途予算がでたのでmATX [続きを読む]

受信: 2004年6月23日 (水) 03時58分

» 2004年5月5(水):マザーボード考 [MuBlog]
 GWに一度パソコンパーツ屋(ドスパラ京都)を覗いてみた。  結局、いろいろ事情がかさなり、購入したのは4千円のケース(鉄板)だけだった。  所持金がなかったこ [続きを読む]

受信: 2004年6月23日 (水) 04時16分

« 2004年4月25(日)晴:部品の蘊蓄(MB&CPU) | トップページ | だいもんじ:昼の大文字 »