« 京都祇園夕桜 | トップページ | 「誠」の旗のもとに~ »

2004年3月22日 (月)

竹生島に虹を見た

竹生島の虹
 竹生島の虹(滋賀県東浅井郡湖北町) マピオンBB地図

 竹生島は未踏地です。これは対岸から憧れて撮ったものです。なにげなしに、竹生島を眺めると、虹がかかっていました。旅館について温泉に入って、一休みした後のことでした。
 ここの旅館は、尾上・紅鮎といいまして、とてもよいところです。部屋の風呂からも琵琶湖がみえて、大浴場はお湯が豊かでした。以前、関東のむくつけき夷(えびす)たちに声をかけたのですが、忙しい人ばかりだったので、計画は消えました。しかたないので、また勝手に行ってきます。なんとなく、関東の人たちは琵琶湖、その湖北の神秘をいまだご存知ないようですね。

|

« 京都祇園夕桜 | トップページ | 「誠」の旗のもとに~ »

イメージの素」カテゴリの記事

地図の風景」カテゴリの記事

コメント

これは美しい写真ですね~。以前のお誘い断りまして済みませんでした。 是非次回のお誘いには万難を排して参加させて頂きます。竹生島は何時も『琵琶湖周航の唄』を唄う時にカラオケ画面に出て来たように思います。 長浜(今浜)城の秀吉とか、3世紀の神功皇后(息長氏)そして6世紀の継体天皇と歴史の宝庫ですね~。 国友の鉄砲鍛治は未だ残っているんでせうか?
湖北地方は大陸文化との交差路だったんですね。 梅安さんも誘いましょう。

投稿: jo | 2004年3月22日 (月) 17時33分

 國友の鉄砲鍛冶、あります。おもしろい写真があるので、後日に掲載いたします。

投稿: Mu | 2004年3月22日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/337374

この記事へのトラックバック一覧です: 竹生島に虹を見た:

» ヲホド王と私の故郷(1) [筒井 城二]
浅茅が原先生がMuLogで継体天皇の古墳の事を記事にされているのに触発され つい [続きを読む]

受信: 2004年3月23日 (火) 15時52分

» 紅鮎と秋の竹生島 [MuBlog]
尾上温泉旅館 紅鮎(滋賀県東浅井郡湖北町大字尾上)地図 承前[MuBlog]竹生島に虹を見た  Muは以前から琵琶湖を愛惜している。なかなかに大きな湖だし、歴史 [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 12時35分

« 京都祇園夕桜 | トップページ | 「誠」の旗のもとに~ »