« カナーン96の新航海 | トップページ | りゅうじんおんせん:龍神温泉 »

2004年3月28日 (日)

2004/03/28 晴

 早朝から起きて、じっとしている。
 とりたてて鬱でもないし、心身快調である。
 で、なにゆえにじっとしているのか。

 笑えるほどに、天候、気候、体感のよい日曜日だ。

 起床は4時だからまだ暗く、天候もよくわからなかった。その時間帯はパンを食べたり仕事メルの整理をし、返事をしていた。
 7時ころから、現在10時半過ぎだが、じっとしている。
 つまり、なすべきこと、なしたいことが多く、そのうえ肩が少し痛み出したから。
 
 楽しみにしていた、小説を一気呵成に読む。
 楽しみにしていた、身辺小説日記類を、一気に書く。
 楽しみにしていた、京阪にぶらりとのって貴船を散歩する。
 楽しみにしていた、近鉄に乗って奈良公園散歩して、旨いものでも食べる。
 部屋を徹底的に掃除する。
 逃れようもない責務、外部委員長仕事を今日の内に一気になせば、月火は花見に行ける。

 これだけオプションがあると、迷いに迷い、まだ迷っている。ごろりと横になり、天井をながめて、「さて、どれにしようか」と、数時間考えている。そのうち昼食になって、酒でものめば、あははは、夕方にのっそり起きる。

 ああ、人生は選択肢が多い。
 決定するのは、いつもつらい。
 どうしよう。

|

« カナーン96の新航海 | トップページ | りゅうじんおんせん:龍神温泉 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/362009

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/03/28 晴:

« カナーン96の新航海 | トップページ | りゅうじんおんせん:龍神温泉 »